「2018年7月」の記事一覧

茶会に招かれたら 客の所作・濃茶編 

茶道 裏千家

お茶事や初釜、お茶会などでは、濃茶が出されます。 茶事においては、濃茶が最も大切なもてなしとされています。 薄茶との違いは、なんといっても数人で一椀を回し飲みすることです。 この飲み方は、千利休 が 吸い茶 として確立さ・・・

茶道 7月の茶花

茶道 裏千家

7月は文月といわれ、七夕や夏祭りなど行事も多い月でもあります。 茶道の裏千家では、 7月5日に11代玄々斎、13代圓能斎、14代無現斎の忌日として、七事式が行われます。 夏は日中の暑気をさけて、朝茶事が行われることが多い・・・

茶道 仕覆の緒の結び方

未分類

濃茶のお点前にかかせない、茶入  茶入は 仕覆 に入っています。 緒の結び方が正しくないと、お点前に差し支えてしまいます。   仕覆の緒の結び方・休めの緒の結び方   をおさらいしてみます! &nbs・・・

茶道 7月 茶の湯の銘

未分類 茶道 裏千家

7月に入りました。 梅雨も明け、釣瓶水指を使ったり、七夕といえば梶の葉を使った葉蓋点前など、涼しさを演出するお点前が行われたりします。 7月の御名を集めてみました。     空蝉(うつせみ) &nbs・・・

ページの先頭へ