Pocket

10月から裏千家の「初心者のための茶道教室」を始めるにあたり、お稽古で使うお道具を揃えてみました。

帛紗(ふくさ)、扇子(せんす)、懐紙(かいし)、菓子楊枝(かしようじ)、古帛紗(こぶくさ)、帛紗挟み(ふくさばさみ)などが必要になります。

 

 

なんと、大好きな鳥獣戯画があったので、速購入です。

ピンクの他に大人っぽいベージュもありました。

かわいい~!!

 

 

 

 

 

 

 

初めてさんのお茶道具

 

 

全くの初心者の私は、まずお茶の道具から知っていこうと調べてみました。

裏千家で必要なものです。

 

 

帛紗(ふくさ)

 

用途としては茶入、棗、茶杓などの道具を吹き清め、器物拝見の際は下に敷くのに用いられます。また、窯の蓋を取るときなど、 点茶においてはなくてはならないものです。その扱い方を総じて、「帛紗さばき」といいます。

寸法は様々あったようですが、千利休が小田原出陣の際、妻(宗恩)棗を包んで送った帛紗の寸法を一定としたとされています。約30cm角の三方を縫って、一方が『わさ』にしたものをいいます。

裏千家では赤ですが、表千家では朱色のようですね。

口紅がついてもよいように、この色になっているそうです。

 

 

 

帛紗ばさみ

 

帛紗挟み(ふくさばさみ)または懐紙入れ(かいしいれ)といいます。

茶道のお稽古や簡易なお茶会に赴く折り、帛紗、古帛紗、懐紙や扇子、楊枝などをしまいます。

必要な小物を一まとめに入れて携帯する袋です。言わば、小型バックですね。

 

 

 

 

古帛紗(こぶくさ)

 

茶入茶碗、茶杓、香合など、貴重品を扱うときに使用します。

高貴な織物や名物裂を用いて仕立てられます。

茶席において、点てられた抹茶を運ぶ際に茶碗の下に敷いたりします。

一方の表千家では用いられないようです。

 

 

 

 

扇子(せんす)

 

茶席では、四季を通じて扇子を所持します。

一般の扇子より小さめで、挨拶や道具を拝見する際に使用します。

 

 

 

懐紙(かいし)

 

懐中(ふところ)に収める紙です。

茶席では、主客とともに常に懐中します。お菓子を頂くときや、懐石の際にも用いられます。

大きさは男性用が17.5cm×20.5cm程度、女性用が14.5cm×17.5cmのものが一般的です。

 

 

 

楊枝(ようじ)

 

お菓子に添えて用いられます。

使い捨てのタイプや、ステンレス製があります。ちなみに私が購入したものは、プラスチックでした。楊枝入れもあります。

 

 

裏千家「初心者の為の茶道教室」では、以上のものが必要になるそうです。

さらに必要な道具があれば、随時upしていきたいと思います。

 

 

 

 

茶々丸つれづれ

 

 

私のしっぽを初公開するとしよう。

立派であろう?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク