Pocket

突然ですが、茶碗についての問答に困ったことはありませんか?

今回は、茶道といえば楽茶碗。

千家十職 樂家についてまとめてみました。

 

 

 

千家十職とは?

 

 

では、千家十職って何?

という方に。

 

千家十職(せんけじっしょく)とは、

基本となる抛筌斎千宗易(千利休)(1522〜1591)の好みを代々受け継ぎながら、

三千家御家元好みの道具の製作に携わった家系です。

元々、行事や年忌に関わってきた家系で、次第に固定され、

明治時代から大正時代に『千家十職』と呼ばれるようになりました。

歴史あるあるで諸説あるそうですが・・・

 

 

千家十職は、

 

茶碗師・・・樂吉左衞門(らく きちざえもん)

表具師・・・奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)

竹細工師・柄杓師・・・黒田正玄(くろだ しょうげん)

袋師・・・土田友湖(つちだ ゆうこ)

土風炉師・・・永樂善五郎(えいらく ぜんごろう)

釜師・・・大西清右衛門(おおにし せいえもん)

一閑張細工師・・・飛来一閑(ひき いっかん)

塗師・・・中村宗哲(なかむら そうてつ)

金もの師・・・中川淨益(なかがわ じょうえき)

指物師・・・駒澤利斎(こまざわ りさい)

 

天保11年(1840)の利休・二百五十年忌の頃には、ほぼ現在と変わらないそうです。

選ばれし、十職というわけですね。

 

 

 

 

茶碗師 千家十職 樂家

 

 

天正はじめの頃から始まった軟質陶の楽茶碗。

釉色から赤、黒、白色などがあり、千利休の指導により始めらました。

室町時代の侘びた美学を尊重して製作させた茶碗に始まり、

聚楽焼が略されて楽茶碗と呼ばれるようになったといわれています。

轆轤(ロクロ)を使わず、手捏ねで成形して箆で仕上げられています。

代々によって、それぞれの特徴があり、そこで何代目か見分けられたりします。

 

 

初代 長次郎(ちょうじろう)

2代 常慶(じょうけい)

3代 道入(のんこう)

4代 一入(いちにゅう)

5代 宗入(そうにゅう)

6代 左入(さにゅう)

7代 長入(ちょうにゅう)

8代 得入(とくにゅう)

9代 了入(りょうにゅう)

10代 旦入(たんにゅう)

11代 慶入(けいにゅう)

12代 弘入(こうにゅう)

13代 惺入(せいにゅう)

14代 覚入(かくにゅう)

15代 直入(じきにゅう)

当代 吉左衛門(きちざえもん)

 

はい。

覚えられません!

ほんとに!ほんとに!すみません・・・(泣)

 

 

そこで、アルプス一万尺にのせて、覚えることにしてみました!

 

長次郎 常慶  道入

アル   プス  いちまんじゃく

 

一入  宗入  左入

こやり  の    うえで

 

長入  得入  了入

アル   ペン   踊りを

 

旦入   慶入 ♪

さぁ    おどりましょう♪

 

弘入  惺入  覚入  直入

ランラ  ララ  ララララ ラララ

 

そ〜して  当代   吉左衛門 ♪

ランラ  ララララ  ラララララ♪

 

ヘイ!

ヘイ!

 

ヘイ!

・・・。

「よけい覚えられなくなった。」といった苦情は受け付けます。

ヘイ!

 

 

 

利休七種はどんな茶碗?

 

 

利休七種は、楽焼の創始者長次郎作の楽茶碗のうち、

千利休が名作と見立てたと伝えられている七種の茶碗のことです。

別名・長次郎七種もいいます。

 

 

 

黒楽茶碗 三種

 

 

大黒

大きいことからの名前の由来。

重要文化財。

 

 

東陽坊(とうようぼう)

利休の高弟で真如堂東陽坊の住職であった

東陽坊長盛(ちょうせい、1515〜1598)に贈られたたもの。

こちらも重要文化財。

 

 

鉢開(はちびらき)

 

托鉢(たくはつ)をするという意味から。

 

 

この3つの黒楽茶碗の覚え方。←自己流

東大鉢(東大にハチワレ猫いるよね〜的な)

 

 

 

赤楽茶碗 三種

 

 

木守(きまもり)

 

秋の終わり頃、実がひとつだけ残してある柿の木、見かけますよね。

来年もよく実る様にという祈りをこめて、わざと木に1つだけ残しておくそうです。

ホントは、はしごでも届かないのかな。残っているのはひとつではないような・・・?

 

 

早船(はやふね)

 

長次郎七種の赤楽茶碗の中で、唯一現存している茶碗です。

利休が茶会のため高麗から早船で運ばせたと偽って語った

という逸話からの名前の由来。

 

 

臨済(りんざい)

 

京都臨済宗五山の山の形を連想したといわれています。

 

 

検校(けんぎょう)

 

盲目の僧侶の最上位にちなんでの名前。

 

覚え方。

キリン早いけん←突然博多弁?

 

 

 

黒楽赤楽をまとめて

東大鉢、キリン早いけん←意味不明

 

 

今回は、楽茶碗の覚え方について考えてみました。

知れば知るほど、茶道は楽しい♪

では、ごきげんよう!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク