Pocket

茶道 風炉 濃茶点前その二

~茶碗が戻ってきてから退席までの流れ~

道具を清め、退席するまでの流れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

道具を清め拝見に出す

 

 

 

①縁外に返ってきた茶碗を、右手前→左横→右横で扱い、右手で膝前に取り込みます。

主客総礼

(この時、正客から問いがあれば答えます。)

③取り柄杓で釜から湯を汲み、茶碗に注ぎます。

置き柄杓

⑤右手横→左手で持たせて、茶碗の湯を建水にあけます。

⑥茶碗を膝前に置き、

「お仕舞にいたします。」と挨拶をする。

⑦取り柄杓で水指から水を汲み、茶碗に注ぎます。

引き柄杓

⑨仕舞いの茶筅通しをする。

⑩茶碗を右手→左手に持ち替え、茶碗の水を建水にあけます。

⑪茶碗を持ったまま、右手に茶巾を取り、茶碗の中に入れる。

⑫茶碗を右手で膝前に置き、茶筅を取り、茶碗の中へ入れる。

⑬茶杓を右手で取り、建水を左手で引く。

⑭帛紗を左手で取り、茶杓を握りこんだまま捌き、茶杓を清め、茶碗に伏せて置く。

中仕舞い

(右手で茶碗の右横を持ち、やや左へ寄せ、茶入を茶碗の右横に置き合わせる。)

⑯帛紗を建水の上ではたき、腰につける。

⑰取り柄杓で、釜に水を一杓さす。

鏡柄杓

⑲釜の蓋を右手に取り、向こうを少し切った状態で閉めます。

⑳柄杓を右手で扱い、蓋置の上に引きます。

㉑水指蓋を三手扱い閉めます。

(右手で蓋を取る→左手下に持つ→右手摘み)

㉒正客から「茶入・茶杓・仕覆」の拝見を受けます。

㉓柄杓を右手に取り、左手に持ち替え、建水にたたみます。

(合を落して)

㉔蓋置を右手で取り、左手で建水の後ろへ置きます。

㉕茶碗を右手一手で勝手付きに割り付けます。

㉖右手で茶入を取り、左掌へのせ、客付きにまわり、膝前へ置きます。

㉗腰の帛紗を取り、捌きます。

㉘茶入れを左手に取り、蓋の向こう、手前と清め、胴拭きして拭き抜きます。

㉙帛紗を膝前に置き、茶入の蓋を取り、蓋裏を確認して、帛紗の向こうに蓋を置きます。

㉚帛紗を胴にあてて折り返し、茶入れの口向こう、手前と清めます。

㉛帛紗を膝前に置き、右手で茶入の蓋を閉めます。

㉜左掌にのせ、右に二回まわし、客に正面を向け、右手で客付の縁外へ出します。

㉝帛紗を打ち返し、腰につけ、居前に戻ります。

㉞茶杓を右手で取り、左手に持たせ、客付にまわります。

㉟右手で返すように茶杓の向きを変え、亭主から見て茶入の右側に並べ、居前に戻ります。

㊱仕覆を右tで取り、左掌にのせ、客付きにまわります。

㊲仕覆の底を右手で取り、仕覆の打留が茶杓寄りになるように置き、居前へ戻ります。

 

 

 

 

道具を水屋にさげる

 

 

①左手で柄杓を取り右手に渡し、左手で蓋置きを取り、右手に持たせます。

②一膝下座によけてから、建水を左手に持ち、左足から立ち、左まわりに下がります。

③茶道口に座り、建水・蓋置・柄杓を膝前に置きます。

④襖を開け、道具を持ち、左足から水屋へ下がります。

⑤右足から再び席に入り、点前座に座り、茶碗を左掌にのせ、右手を添えます。

⑥左足から立ち、水屋へ下がります。

⑦再び右足から入り、水指正面に座り、水指を持ち、左足から立って右回りに水屋へ下がります。

⑧茶道口で正面を向き座り、水指を膝前に置き、襖を閉める。

⑨拝見物が戻るのを待つ。

 

 

 

 

拝見の返答をする

 

 

①道具が戻るころを見計らい、襖を開け、右足から席に入る。

②道具の正面に座り、正客の問いに答える。(茶席に招かれたら 客の作法 濃茶編 参照)

③問答後に一礼して、仕覆を右手で取り、左掌にのせます。

④右手で茶杓を取り、仕覆の上に左斜めになるようにのせ、親指で押さえます。

⑤右手で茶入れを取り、左足から立ち上がり、右回りで茶道口に下がります。

⑥茶道口で席側を向き座り、自分に近い方から、茶入れ→茶杓→仕覆の順に置きます。

回り茶道口・・・仕覆は右横を持ち、左掌に打ち返します。

正面茶道口・・・勝手付きが逆になります。

※どちらの場合でも、仕覆の打留が茶入側になります。

主客総礼をして襖を閉めます。

 

 

 

風炉の濃茶点前のおおまかな流れをおさらいしてみました!(裏千家の場合です。)

濃茶点前の流れもさることながら、やはり割稽古が最も大切だと日々、実感しております。

素晴らしき茶人を目指し、日々修行あるのみですね!

スポンサーリンク