Pocket

5月~10月は、風炉 の季節です。

 

風炉 濃茶点前の流れ その一

~お茶を出すまで~

 

をおさらいしてみます!

 

 

 

 

 

 

 

濃茶点前 席入りの仕方

 

 

 

※席入りの前に、風炉の横に水指を置き合わせます。

水指正面に、茶入をかざります。

 

①茶道口に座り、膝前に茶碗を置き、襖を開けます。

②茶碗を持ち、右足から入ります。

③点前座に坐ります。

④右手で茶碗右横を持ち、左手で左点前を持ち、二手で勝手口に仮置きします。

⑤茶入を右手で持ち、水指前右寄りに置きます。

⑥茶碗を、三手(左手前→右横→左真横)で扱い、茶入と置き合わせます。

⑦建水を持って、右足から入ったあと、襖方向に座ります。

建水を膝前に置き、襖を閉めます。

⑧建水を持ち、左足からたち、点前畳を右足でこえて、点前座に座ります。

⑨建水を置き、左手で柄杓を持ち鏡柄杓。

 

 

 

 

 

濃茶点前 お茶を点てるまでの流れ

 

 

 

①右手で建水の中の蓋置きを取り、風炉敷板の左前角に置きます。

②柄杓を扱い、蓋置の上に置きます。

主客総礼

④建水を膝の線まで進めます。

⑤居住まいを正す。

⑥茶碗右手前→左横→右横で持ち替え、膝前向こうに置きます。

⑦右手で茶入をとり、茶碗と膝の間に置きます。

⑧仕覆の緒を解きます。→(茶道 濃茶に割稽古仕覆の脱がせ方・打ち返し参照)

⑨左掌に、打留を向こうにして乗せます。

⑩つかりを右側→左側と広げて、仕覆から茶入を出します。

⑪左手の仕覆の口を置く方向に向けながら、茶入を茶碗と膝の間に置く。

⑫左手の仕覆を両手に持ち、形を整えます。

⑬仕覆を左掌にのせ、右手で仕覆の横をもち、打ち返します。

(風炉の時は、打留が水指方向になります。)

⑭風炉と水指の間、敷板の線にそろえて置きます。(打留が水指側)

⑮腰の帛紗を左手で取り、四方捌き(茶道 濃茶点前 四方捌き・茶入の清め方参照)をします。

⑯仕覆を「草」に捌きます。

⑰茶入を左手で取り、蓋向こう→手前と「二」の字になるように清めます。

⑱茶入の胴に帛紗を当て、胴拭きをします。(時計回りと逆方向)

⑲帛紗を抜き取り、茶入を水指左手前に置きます。

⑳帛紗を捌き直して、茶杓を清め、茶入の蓋摘みの上の左に置きます。

(釜に近い方に置きます。)

㉑茶筅を取り出し、茶入の右横に置きます。

㉒左手の帛紗を右手に持ち替え、左手で帛紗を折ります。

㉓水指の蓋の摘みの手前を手なりに「二」の字で清めます。

㉔帛紗を左手に持ち替え、茶碗を手前に寄せます。

㉕茶碗から茶筅を取り出し、水指の蓋の摘み点前に置きます。

㉖左手の人差指と中指に、帛紗を持たせます。

※男性は帛紗を腰につけます。

ただし、共蓋・摘みが南鐐の時は男性でも指に挟みます。

㉗右手で柄杓を取り、鏡柄杓。

㉘右手に帛紗を持ち替え、帛紗で釜の蓋を取る。

㉙釜の蓋を切り、蓋を蓋置の上に置きます。

㉚帛紗を建水の後ろに置きます。

 

 

 

 

 

濃茶点前 お茶を点てる

 

 

 

①湯を一杓汲み、茶碗に注ぎます。

置き柄杓

③茶筅通しをして、水差し前に戻します。

④右手横→左手に持ち替え、湯を建水にあけます。

⑤水指の蓋上の茶巾と取り、茶碗を清めます。

⑥茶碗を膝前に置き、茶巾を釜の蓋の上に置きます。

⑦右手で茶杓を取り、茶入を左手に取って、茶杓を握りこみ、茶碗の左横で蓋を取ります。

蓋は、茶碗の右横に置きます。

⑧茶入から、茶を三杓入れます。

⑨茶碗の右寄りに茶杓を置き、茶入を回しながら残りの茶を入れます。

⑩右手指で茶入の口の向こう、手前と清めます。

指先についた茶は、懐紙で清めます。

⑪右手で茶入の蓋を閉め、茶入を元の場所へ戻す。

⑫右手で茶杓を取り左手で扱って、右手に持ち、茶碗の中の茶を「三」の字を書くようにさばきます。

⑬茶杓を茶碗の縁で軽く打ち、櫂先の茶を払います。

⑭茶杓を、茶入の蓋摘みの上左寄りに戻します。

⑮水指の蓋を三手で扱います。

(右手摘み→左手横→上に右手で持つ)

⑯右手で水指左横に、摘みが真横になるように立てかけます。

⑰右手で柄杓を上から取り、取り柄杓

⑱水指から水を一杓汲み、釜にさします。

⑲湯を柄杓いっぱいに汲み、適量を茶碗に注ぎ、残りは釜に戻します。

切り柄杓

㉑茶筅を取り、茶と湯をよく練り合わせます。(濃茶のはじまりと濃茶の練り方参照)

㉒茶碗の縁左寄りに茶筅を預けます。

㉓柄杓で湯を汲み、茶筅を左手に持ち上げながら、穂先に湯を注ぎます。

㉔残った湯を釜に戻します。

置き柄杓

㉖右手で茶筅を取り練返し、茶筅を元に戻します。

㉗茶碗を右手→左掌→正面が客に向くように右回りに二回回します。

(楽茶碗意外は古帛紗を添えます。)

㉘茶碗の正面を客に向けて、縁外に出します。

㉙正客が一口飲んだら、

「お服加減はいかがでしょうか?」と挨拶。

㉚客つきにまわり、正客からの「茶銘・詰・菓子銘」についての問いに答える。

㉛末客の吸い切りの音を聞いたら、居前にまわり、取り柄杓

㉜水指の水を一杓汲み、釜に水をさします。

引き柄杓

㉞帛紗を右手に取り、左手に打ち返し、帛紗を「草」にさばき、腰につけます。

㉟茶碗が戻るまで待ちます。

 

 

 

ここでは、濃茶点前の客にお茶を出すまでの流れをおさらいしてみました。

(裏千家の方法です。)

その2では、道具を清めて退席するまでの流れをおさらいします!

スポンサーリンク