Pocket

お茶事や初釜、お茶会などでは、濃茶が出されます。

茶事においては、濃茶が最も大切なもてなしとされています。

薄茶との違いは、なんといっても数人で一椀を回し飲みすることです。

この飲み方は、千利休 が 吸い茶 として確立させたといわれています。

一つの茶碗で「共有する」ことによって、結束を図る誓い表明といった意味もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客の所作 濃茶のいただき方

 

 

 

亭主からお茶が出されたら・・・

 

正客:茶碗を取りに行きます。

正客:座に戻り、茶碗を自分と次客の間の縁内に置きます。

客一同:総礼をします。

正客:お茶を一口いただきます。

 

 

亭主「お服加減はいかがでしょうか?」

 

 

正客「大変結構でございます。」と返礼して、二口半いただく。

次客三客「お先に」と一礼する。

正客:お茶をいただいたら茶碗を縁内に置き、古茶巾で茶碗の口を拭き清め、茶碗を正面に回し戻します。

正客次客:それぞれ一膝ずつ向き合い、茶碗を手渡しします。

正客次客:一緒に正面に戻り、送り礼・受け令をします。

正客次客の一口いただいたら、

 

「ただいまのお茶銘は?」

 

「お詰めは?」

 

「全席では大変美味しいお菓子を頂戴いたしましたが、お菓子の銘は?」

 

「ご製は?」

 

「ありがとうございました。」

 

※亭主は、正客の問いに対して返答します。

 

 

 

 

客の所作 茶碗の拝見

 

 

正客:末客がお茶を飲んで茶碗を下に置いたら、

末客に「お茶碗の拝見を。」と請う。

 

末客:飲み口を清めて、茶碗の正面を正し、正客の前に持っていく。正客に正面を回して出す。

正客:次礼をし、茶碗の拝見をする。

正客末客 拝見の終了後、末客は正客との出合いで茶碗を正客に返す。

正客:茶碗を回して正面を正し、出された場所へ返す。

 

 

茶碗の問答

 

茶碗の拝見後、正客は茶碗について問います。

 

正客「お茶碗は?」

※亭主は返答します。

銘がない場合もあるので、正客からはなるべく聞かないようにします・・・!

 

 

 

 

客の所作 茶入・茶杓・仕覆の拝見

 

 

 

正客:亭主が水指の蓋を閉めたら、

 

「お茶入・お茶杓・お仕覆の拝見を。」

 

亭主:茶入を清め、茶杓・仕覆を縁外へ配置します。

正客:亭主が襖を閉めたら、茶入・茶杓・仕覆を取りにいきます。

次礼をして、茶入・茶杓・仕覆の順に縁外に出し、拝見をします。

拝見をしたものから、つぎつぎ次客へ送ります。

末客:拝見を終えたら、出合いで正客へ返します。

正客:出された方と反対の向きに、道具を返します。

 

 

道具についての問答

 

正客「ありがとうございました。」

 

亭主:返礼

 

正客「お茶入れのお形は?」

 

正客「お釜元は?」

 

正客「お茶杓のお作は?」

 

正客「ご銘は?」

 

正客「お仕覆のお裂地は?」

 

正客「お仕立ては?」

 

正客「ありがとうございました。」

 

※亭主は、正客の問いに対して返答します。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク