Pocket

濃茶のお点前にかかせない、茶入 

茶入は 仕覆 に入っています。

緒の結び方が正しくないと、お点前に差し支えてしまいます。

 

仕覆の緒の結び方休めの緒の結び方

 

をおさらいしてみます!

 

 

 

 

茶入の準備

 

 

 

まず、覚えておきたい茶入の準備。

 

①茶入を箱からだし、乾拭き。

茶掃箱(ちゃばきばこ)も準備します。

 

②茶入の口に漏斗(ろと)をのせ、茶杓で茶を入れます。

漏斗を使わずに入れてしまうときもありますが、使った方がこぼしません!

抹茶は、客1人点前茶杓で約3杓、水屋茶杓で約2杓。

 

③小羽根で、漏斗についた茶を掃きます。

 

④水屋巾で茶入の口を拭き、蓋を閉めます。

 

 

 

 

 

 

仕覆の緒の結び方

 

 

 

抹茶を入れたら、いよいよ茶入を仕覆に入れ、緒を結びますよ!

※短緒の場合です!

 

①仕覆に茶入を入れて、打留を向こうに向けます。

 

 

 

 

 

 

②左手でつかりを押さえて、右手で緒を手前に引きます。

 

 

③右の緒を上から左に交差させます。

(右手が上になります。)

 

 

 

 

 

④手前の輪を下からくぐらせ、左手に渡す。

 

⑤左右を緒を左斜め上になるように、引きます。

 

 

 

 

⑥左の緒を折り曲げるように、右に倒します。

 

 

 

 

⑦上の緒に下の緒を下から上にかぶせてくぐらせ、一回結びます。

 

⑧最後に形を整えます。

 

 

 

 

 

 

茶入のしまい方

 

 

 

茶入の蓋は、象牙でできていて、裏側には金箔が張られています。

『象牙』や『金』は毒消しの意味がありました。

 

 

白虎 ビジネス

茶も命がけだな。

 

繊細にできているので、優しくていねいに扱います。

茶入だけではなく、お道具全般に言えることですね!

 

 

①茶入の蓋を、乾いた水屋巾で優しく拭きます。

 

②茶入の内部、口をよく拭き、全体も拭きます。

 

③茶入れの蓋を閉め、左手に仕覆を持ち、茶入をおさめます。

 

 

 

休めの緒の結び方

 

 

茶入れを仕覆に入れた後は、休めの緒の結び方になります。

仕覆の裂地は由緒あるものが多く、痛まないように紐を結ばずにしまいます。

茶入れの中が空という印にもなります。

 

 

 

①右の緒を左の緒に交差させます。

(右の緒が上になります。)

 

 

 

 

 

 

②右の緒を左の緒の下にくぐらせ、斜めに伸ばします。

ここまでは、緒を結ぶ時と同じです。

 

 

 

 

 

③下の緒を上の緒にかけ、上の緒を打留の上からからげます。

 

④最後に形を整えます。

 

 

 

 

 

 

茶入 は、茶人にとってまるで宝物のように扱われてきました。

御物袋におさめ、挽家に入れられ、内箱、外箱、仕覆箱、茶入の蓋箱・・・。

だからこそ、優しく丁寧に扱いたいものですね!

 

 

スポンサーリンク