Pocket

着物にも、

更衣(ころもがえ)の習慣があります。

梅雨に入り、さすがに普通の着物は暑いですね・・・。

 

夏の着物といっても、どんなものを選んだらよいか迷ってしまいます!

そして、さらに着物が敷居の高いものになりがちですね。

夏の着物のポイントをあつめてみました。

 

 

白虎 ビジネス

そこで、わたしの登場だ!

 

茶々丸大喜利

わたしも手伝うことにしよう。

 

白虎丸さん・茶々丸さん、お願いしますね!

 

 

 

 

 

夏の着物の素材

 

 

 

夏の着物の素材。

まず、ここが一番悩みます。

 

白虎 ビジネス

薄ければなんでもよいだろう?

 

 

茶々丸大喜利

はっはっは!

そういうことでは、ないのだよ。

大きく分けると

 

6月・9月は、透けない単・単衣(ひとえ)

 

暑さの厳しい

7月・8月は、絽(ろ)・紗(しゃ)

 

を着るとよい。

 

 

白虎 ビジネス

単?絽?どんな素材なのだ?

 

 

茶々丸大喜利

6月・9月は、透けないちりめんや紬を着るとよい。

7月・8月は、生地に隙間のあるような絽(ろ)・紗(しゃ)。

盛夏は。透け感のある織物や麻がよいのだよ。

はっはっはっ!

 

 

かならずしも、きまりはなく、

例えば、紗紬(しゃつむぎ)の中でも透け感が少なければひとえの季節にも着られます。

炉縮緬や竪絽は基本的にはひとえですが、仲夏に着用されることもあります。

縮緬(ちりめん)・本塩沢など、シボのあるタイプが向いていますね。

 

 

 

茶々丸クリームパン

決め手は、

 

生地の透け感

 

厚み

 

色柄

 

これにつきる。はっはっは~!!

 

 

 

 

 

 

 

夏のきもの 生地の種類

 

 

 

絽(三本絽)

 

夏の代表的な染め下地。

横段に絽目といわれる隙間を表したもの。

付下げや訪問着などに使われることが多いようです。

 

 

 

絽(五本絽)

 

絽目の間隔が広く、透け感は少ないのが特徴。

新潟県の五泉市で織られている五泉駒絽(五本絽)と呼ばれるものが代表的で、反物端に「五泉」の印が記されてあります。

五本絽は喪服や小紋などに使われています。

 

 

 

竪絽(経絽)

 

縦に糸目を通した生地で、普通の絽より透け感は少なめ。

夏中に適しています。

 

 

 

紗紬(しゃつむぎ)

 

筋のある糸が使われている絹織物全般の呼び方。

針があり、軽く、風通しが良いのが特徴。

 

 

 

紗(しゃ)

 

隙間を織り出した生地。

メッシュのような無地や地紋がある紋紗もあります。主に、訪問着や小紋に使われています。

 

 

 

小千谷縮(おじやちぢみ)

 

新潟県の小千谷地方で織られている麻織物。

布のシボが特徴で、ざっくりしています。

 

 

八重山上布(やえやまじょうふ)

 

沖縄県の八重山諸島で織られている麻のきもの。

薄手で張りがあり、涼しい肌ざわり。

 

 

 

 

夏の帯

 

 

 

白虎 ビジネス

夏のきものは、さすがにわかってきたぞ。ただ、帯はどうするのだ?

 

 

茶々丸大喜利

おっと。帯の存在を忘れていたぞ。これは失敬!

夏の帯も着物と同様。

透け感のある 羅 や 紗 麻 などがある。

 

 

白虎 横顔

着物と帯の素材の組み合わせは、どうするのだ?

 

 

茶々丸クリームパン

肝心な着物と帯の組み合わせだが、

基本的な着物の組み合わせとそう変わるものではない。

 

ポイントは、

 

着物と帯、両方を主張しすぎない ことだ。

 

その逆もしかりだぞ。

 

着物も帯も控え目すぎると、ぼやけた印象になってしまう。

涼し気で、わずかに主張するくらいがちょうどいい。

引き算・足し算だよ。はっはっは!

 

 

 

 

夏の帯 生地の種類

 

 

 

紗(しゃ)

 

隙間が多め。夏中に使われます。

透けの強い物は盛夏に適しています。

紗袋帯は小紋・訪問着。

 

 

 

羅(ら)

 

透け感は強め。比較的、粗い織り目になります。

盛夏などに着られる織物や、小紋などのカジュアルな装いに適しています。

 

 

 

絽(ろ)

 

絽目を表した帯のことです。絽目の間隔によって透け感が異なります。

絽袋帯なら訪問着にも。

 

 

 

絽つづれ

 

つづれ地をベースに、横段に絽目を通した帯。

礼装向きからおしゃれ着など幅広くあります。夏中に使用。

 

 

 

紗献上(しゃけんじょう)

 

夏用に織られた透け感のある博多帯。

ゆかた・織物・小紋に合わせられます。夏中使用。

 

 

 

麻(あさ)

 

麻地の帯は、繊細なものからざっくりしたものまでさまざまあります。

主に麻の着物と合わせられます。

 

 

 

紗紬(しゃつむぎ)

 

透ける紬風の織りの生地。

透け感によって着られる時期が決まります。

主に、織りの着物に適しています。

 

 

 

絽染め

 

塩瀬地に絽目を通した帯地。主に名古屋帯に使われます。

おしゃれ着・小紋・織物に適しています。

 

 

白虎 ビジネス

夏でも、涼しい着物があるのだな。

 

 

 

 

 

夏の着物コーディネート 小物はどうする?

 

 

 

夏の帯揚げ

 

茶々丸大喜利

夏の間使える、 がおすすめだ!

絽でも、ちりめんのような透け感のあるものはひとえにあっているぞ!

紗 は、盛夏というのが基本だ。

 

 

 

夏の帯締め

 

茶々丸大喜利

帯締めは本来、

季節感はあまりなく通年つかえる とされている。

 

格の高いきものには、

絞りの多いものや単色の帯揚げに、金や銀が施されたものがよい。

カジュアルな着物には、

カラフルな帯揚げや金銀が入らない涼し気なものがぴったりだよ。

 

レースで組まれた帯締めなどもあるぞ。

 

白虎 横顔

よし!わたしも、夏は着物男子でせめることにしよう!

 

茶々さん・白虎さん、お手伝いお疲れ様でした!

 

今回は、夏のきものについてのポイントでした!

次回は、ゆかたを選ぶポイントを・・・!

実現するといいな・・・爆

 

 

 

スポンサーリンク