Pocket

濃茶点前の割稽古では、

四方捌き という

茶入れを清める捌き方があります。

 

 

 

四方捌きの意味は?

 

 

帛紗の四方捌きの意味は、

 

陰陽でいう 東西南北 を清め

 

春夏秋冬 一年を清める

 

といった意味があります。

 

 

帛紗捌きこそが 陰陽五行学の基本 となっており、

 

点前座 は、

客畳側 は、

 

になります。

 

 

帛紗の汚れを確認するのには、

明るい東南方向(巽の方角)からの光が必要になります。

昔からの言い伝えでは、良いことは巽の方角(東南)より来る。

とも言われています。

 

 

 

 

四方捌きのやり方

 

 

※あくまでも、覚え書きです!

詳しくは、先生に確認してみてくださいね♪

 

①帯から帛紗を左手で内側に折り取ります。

②左手で帛紗を持ち、右手で角を取ります。

右手角とは、折りたたんである上端に、右人差指を入れます。

③右手で右端を持ち、左手で左端に滑らせます。

④左膝角で、帛紗を四角に広げます。

⑤両手で帛紗を上から3~4cmくらいを持ち、張らせます。

⑥右手で左手側の帛紗の端を右手でつかみます。

⑦帛紗の下端は右手で持ったまま、左手下角に滑らせます。

⑧右手で握りこんでいる帛紗の端を離し、一辺を照らします。

(上から3~4cmくらいを外側に傾けるように照らします。)

⑨左右の手を緩めます。

逆三角形をつくるイメージです。

⑩ゆっくりと張ります。

⑪以上の動作を四方に繰り返します。

⑫右手親指と人差指と中指でつまんで、端を離します。

(この段階で帛紗が二つ折りの逆三角形になります。)

⑬逆三角形のまま、横一文字に張ります。

 

 

 

 

 

しわしわ帛紗は、気にしないでくださいっ(汗)

見えやすいように壁際で・・・。

練習していない証拠・・・!

 

 

 

 

 

 

茶入れの清め方

 

 

薄茶の時は棗を清めますが、

濃茶では茶入れを清めます。

四方捌きの後に茶入れを捌きます。

 

①帛紗を『草』に捌きます。

四方捌きの後に、『草』に捌き直します。

②両手で帛紗を持ち、左指先で突き折ります。

③左手で茶入れの胴を持ち、蓋のつまみの方向を清めます。

(漢字の『二』のように、横に二列清めます。)

④蓋の手前を清めます。

⑤茶入れの胴に帛紗をあてます。

⑥帛紗を広げ、茶入れを時計周りの逆(左回り)に3周回しながら清めます。

⑦茶入れの正面で帛紗で下へ捌きながら抜きます。

⑧帛紗を折りこみ、右膝上で握りこみます。

⑨左手で、茶入れを膝前に置きます。

 

 

 

 

茶入れの拝見の時の清め方

 

 

 

①茶入れの胴を右手で持ち左掌にのせ、客付きへ回り、茶入れを膝前に置きます。

②腰の帛紗を取って、『草』で捌きます。

③左手指で突き、帛紗を折ります。

④茶入れを左手胴で取り、蓋向こう、手前と横二本に清めます。

⑤茶入れを2回胴拭きして、拭き抜きます。

⑥帛紗を膝前正面に置きます。

⑦茶入れの胴を左手で持ち、右手で蓋を取り、蓋裏を確認します。

⑧蓋を表でそのまま、帛紗の向こうに置きます。

⑨帛紗を右手で取り、茶入れの胴にあてて折ります。

⑩茶入れの口向こうを清めます。

⑪茶入れ口の点前を清めます。

⑫帛紗を置き茶入れの蓋を右手で持ち閉め、

左掌にのせて二回まわして正面を客に向け、茶入れを置きます。

 

 

※ここでは、裏千家の方法です。

詳しい方法は、先生に確認してみてくださいね♪

 

 

 

 

梅雨だ。

梅雨なんだ。

あぁ、梅雨だとも。

 

 

 

スポンサーリンク