Pocket

濃茶点前に入る前に、覚えておきたい濃茶の割稽古。

割稽古は、亭主の所作です。

 

 

 

裏千家 濃茶の割稽古

 

 

 

濃茶の割稽古には、

 

仕覆の扱い方

 

四方捌き

 

茶入を清める

 

茶入れを拝見

 

濃茶を練り方

 

古帛紗の扱い方

 

などといった 割稽古 があります。

 

濃茶点前では、茶入 を使います。

茶入は、仕覆 におさめられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕覆の種類

 

 

仕覆は、茶入を入れておく袋のことです。

各地の名物の裂地を使っていることが多いです。

 

 

問答にも、

 

「お仕覆のお裂地は?」

 

「お仕立ては?」

 

と亭主にたずねます。

 

仕覆は、濃茶には欠かせないお道具の一つとも言えます。

 

 

主な種類は・・・

 

 

間道(かんどう)

 

緞子(どんす)

 

金襴(きんらん)

 

錦(にしき)

 

紹紦(しょうは)

 

などがあります。

 

ここでは、

 

 

 

仕覆を脱がせ方

 

 

茶入を清める前に、仕覆から茶入を出します。

仕覆は、貴重な裂地 が使われていることが多いので、くれぐれも取り扱いには気を付けたいところ。

茶道具全般に言えますが・・・!

 

 

① 茶入を体の正面に置きます。

② 緒の結び目を一つだけときます。

③ 左右の緒を、左手が上・右手が下になるように、斜めに伸ばします。

④ 人差指で上の右の輪を手前に引きます。

⑤ 緒が8の字にねじれている状態にします。(左の紐が上)

⑥ 緒のねじれを直します。

⑦ 打留が左に来るように、右手で置きます。

⑧ 左手でつかりを押さえ、左手で緒を左側に引きます。

⑨ 両手で向こうのつかりを伸ばすように開きます。

⑩ 手前のつかりも伸ばしながら開きます。

⑪ 仕覆の入った茶入を右手横を持ちます。

⑫ 左掌に、打ち止めを向こうにして向きを変えます。

⑬ 右手指外側を使い、仕覆の右側を広げます。

⑭ 左側指内側で、左側を広げます。

⑮ 仕覆を左手でつかみ、右手で茶入を出します。

⑯ 茶入を膝前に置きます。

この時、仕覆の口は下向き(茶入の方向)になります。

 

 

 

 

仕覆の打ち返し

 

 

風炉、どちらの場合でも、脱がせた仕覆は

釜 の方へ 打ち返します。

 

 

風炉

 

①茶入を出してから、仕覆の形を両手で整えます。

②仕覆の右横を持ち、左掌に打ち返します。

③打留を客付に向け、仕覆の底を右人差指上でつまむように持ちます。

風炉と水差しの間に置き合わせします。

 

 

 

 

①仕覆の形を両手で整えます。

②仕覆の左横を持ち、右掌で打ち返します。

③打留を客付きの状態で、仕覆底を左人差指上でつまむように持ちます。

水指の左横に置きます。

 

 

 

 

 

茶道のきほんのきの 割稽古。

注:ここでは、裏千家の割稽古について触れています。

一つ一つ、ていねいに体得していきたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク