Pocket

これだけは覚えておきたいという、実際に知らないと困りそうな茶道用語を集めてみました。

 

白虎 横顔

ほとんど、茶道ネタである。

 

勉強中なので、しばらくは茶道について・・・。

 

 

 

 

三井家の由緒ある茶箪笥。

 

 

 

 

茶道用語・お道具

 

 

懐紙(かいし)

和菓子を頂くときに、器の代わりに使うもの。

懐へ入れて二つ折りの和紙。

 

 

茶杓(ちゃしゃく)

茶をすくうための道具。

 

 

櫂先(かいさき)

茶杓の先端部分。

 

 

切止(きりどめ)

茶杓の抹茶をすくう部分。手前の場所。

 

 

建水(けんすい)

茶碗をすすいだ水を捨てる容器。

 

 

棗(なつめ)

薄茶点前の抹茶を入れる漆の容器。

 

茶筅(ちゃせん)

薄茶を点てたり、濃茶を練る道具。

穂の数で、種類が変わる。

 

 

南鐐(なんりょう)

良質の銀の総称。

 

 

干菓子(ひがし)

乾いたお菓子の事。

主に、薄茶のお菓子として用いられる。

煎餅・落雁・有平糖

 

 

主菓子(おもがし)

濃茶点前の時に、いただくお菓子。

お饅頭・きんとん・練物など。

 

 

帛紗(ふくさ)

 

茶器を清めたり、拝見するときに使います。

器物に敬意を表します。

 

 

節(ふし)

茶杓や柄杓で使われている竹の『節』の部分のこと。

 

 

蓋置き

釜の蓋や柄杓をおきます。

 

 

風炉(ふろ)

火を置き、釜をかける道具。

 

 

水指(みずさし)

水を入れて置く容器。

 

 

 

茶道用語・作法

 

 

居ずまい(いずまい)

人が座っている姿勢や態度。座り方。

 

 

捌く(さばく)

取り扱うこと。

 

 

席入り(せきいり)

茶室、茶席へ入るときの動作。

 

 

懐中(かいちゅう)

懐へ入れて持っていること。

 

 

鏡柄杓(かがみびしゃく)

柄杓を持って構えること。

柄杓を立て、顔を鏡に映すように正面に構える。

 

 

 

仮置き(かりおき)

点前のとき、茶碗・茶入等を定座に置き合わせ、勝手付に仮置きすること。

 

 

主客総礼(しゅきゃくそうれい)

亭主の挨拶に対して、客一同が同時に礼をすること。

お点前の前後に行う礼。

 

 

 

茶道用語・茶室

 

 

茶道口(さどうぐち)

亭主がわの茶室。茶席の入り口。

 

 

客座(きゃくざ)

客が座る畳の位置。

 

 

客付(きゃくつき)

客が座っている側。または、客に近い方。

 

 

 

点前座(てまえざ)

亭主が点前をする場所。

 

 

縁内(へりうち)

畳の縁の内側。自分が座っている膝の点前。

 

 

縁外(へりそと)

膝前の畳の外側のこと。

 

 

水屋(みずや)

道具の置き場所。

準備や後片付けの場所。

 

 

上座・下座(かみざ・げざ)

上座とは、上位の客が着く席。

 

 

 

茶道用語・その他

 

 

半東(はんとう)

茶事などで、亭主の手助けをする役のこと。

 

 

茶会(ちゃかい)

客を招き、作法にそってもてなし、楽しむ会。

 

 

茶事(ちゃじ)

客をもてなす正式な茶会のこと。

懐石料理を出し、薄茶や濃茶でもてなす。

 

 

お稽古が進むにつれ、新しい茶道用語は増えてきますが、今回はこの辺でで・・・!

 

スポンサーリンク