Pocket

お茶会に招かる事も多くなる春。

『ここだけは押さえておきたい!』

今回は、薄茶(裏千家)客の所作のポイントをまとめてみました。

 

 

 

 

 

薄茶・干菓子をいただき方

 

 

お茶を頂く前に出されるお菓子は、

 

濃茶は、主菓子

薄茶は、干菓子

 

とされています。

 

薄茶では、干菓子なので、

 

乾いたお菓子、落雁(らくがん)や有平糖(ありへいとう)、煎餅などになります。

また、お菓子にも亭主の想いが込められており、

心を感じながらいただきます。

 

 

干菓子・主客の作法

 

①席に着きます。

②「お菓子をどうぞ。」と亭主にすすめられたら、

正客は受け令をします。

③次客に、「お先に。」と声をかけ、草の一礼をします。

④縁外にある干菓子器を静かに両手に持ち、おしいただきます。

⑤懐紙を取り出し、折り目を膝前にして膝前におきます。

⑥干菓子器の手前のお菓子から取ります。

(2種類以上あるときは、上座から取り、次に下座のお菓子を取ります。

⑦懐紙にのせます。

⑧干菓子器を両手に取り、縁外で次客に送ります。

⑨懐紙をそのまま左手にのせ、いただきます。

数回にわけ、そのつど懐紙に戻しながら食べます。

 

 

 

干菓子・次客の作法

 

①正客の「お先に。」の挨拶に、草の礼で受けます。

②正客がお菓子を取り終えた後、

三客に「お先に。」と挨拶をして、草の一礼をします。

③正客から送られた干菓子器に手をかけ、

正面で感謝をし、おしいただきます。

④手前から菓子を取り、懐紙の上に置きます。

⑤干菓子器を縁外から三客に送ります。

 

 

 

薄茶・お茶のいただき方

 

 

亭主から、お茶が点てられたら、

客が取りに行く場合と半東さんが取りに行く場合があり、

お茶会によって違います。

 

客が取りに行く場合です。

広間の場合は、立ち上がり取りに行きます。

4畳半以下の小間の席では、にじって取りに行きます。

 

にじるとは、

正座の姿勢で、両手の拳部分を両膝行きについて支え、

両膝を同時に進めることです。

畳一畳以内を移動するときは、この所作になります。

 

 

お茶の頂き方・正客

 

①亭主からお茶が出されます。

②茶碗に手が届く位置まで、にじります。

③右手横で茶碗を取り、膝前に置きます。

④にじり下がりながら、茶碗とともに移動します。

にじっては、茶碗を膝前に移動する動作を、

席に戻るまで繰り返し下がります。

⑤茶碗を縁外に置き、定座につきます。

⑥右手横で茶碗をとり、縁内に入れます。

⑦「お点前、ちょうだい致します。

と亭主に真のお辞儀で挨拶をします。

⑧茶碗を右横で取り、左掌にのせます。

⑨左手にのせたまま、右手横から持ち、おしいただきます。

⑩右斜め上(2時くらいの位置)に親指をかけ持ち、

時計回りで2回まわします。(2回目で正面にくるように)

※模様の有無にかかわらず、正面はさけます。

⑪右手を持ち替え、いただきます。

⑫2~3口で飲み、最後の一口は音をたて飲み終えます。

⑬飲み口を指で左から右に清めます。

⑭懐紙で指をぬぐいます。

※着物が汚れてしまうので、内側でぬぐうようにします!

⑮茶碗の右斜め手前に親指をかけ、

正面が自分に向くように、時計回りの逆に戻します。

⑯茶碗の右横を持ち、縁外へ置きます。

 

 

お茶の頂き方・次客

 

①にじりって取りに行ったお茶を、縁外に置きます。

②正客との間、縁内に置き、

ご相伴(しょうばん)いたします。」と、草の一礼をします。

③三客との間、縁内に置き、

お先にちょうだいします。」と草の一礼をします。

④茶碗を正面、縁外に置き、亭主に、

お点前ちょうだい致します。」と真の一礼をします。

 

 

白虎 ビジネス

慣れないうちは、間違えてもいい!亭主に感謝し、丁寧に行うのだ。

 

 

と、先生がおっしゃっておりました・・・。

 

 

 

にくきゅうをお見舞いしてくれよう!

 

 

スポンサーリンク