Pocket

いよいよ、残すところ2回となってしまいました!

と言うわけで、総まとめをしました。

お茶会の流れを練習しながら、

稽古で習った事を復習しました。

 

 

 

この心田庵とも、あと2回でお別れです・・・。

 

 

 

 

お軸は禅語のひとつ、

松無古今色

松に古今(ここん)の色なし

 

松は古と今によってその色を変えないことから、

常住不変の意味と言われています。

 

松は「松樹千年の翠(みどり)」とも言われ、

どんな季節や環境でも、常に緑を保っています。

 

 

この句に対して、続きがあり、対比になっています。

 

竹有上下節

竹に上下の節あり

 

竹の節には歴然とした上下の区別はありますが、

同じ1本で見れば優劣はなく平等です。

 

 

 

 

 

世の中のすべて同じというわけにはいかず、

差別は歴然ですが、役割や命は皆平等で差別はありません。

 

しかしながら、節操のない平等は自然とは調和せず、

親子や男女、社会においても長幼など、

秩序があり調和されています。

 

そういった違いを認めながらも、

『和敬清寂』を心掛けておきたいものです。

 

 

茶花は、

椿

春の台(はるのうてな)という珍しい椿!

ピンクに紅縦絞り。

 

 

お稽古は、

更好棚のお薄。

 

茶杓の櫂先の先と切り止めが同じ高さで持つこと。

お客の作法や、半東さんのお役のおさらい・・・。

また、新しい発見がありました!

次回でいよいよ、最後です。

それまでに、できるだけ鍛錬しますっ!

 

 

 

チア猫。

Let’s go!

Let’s go!!

ぬっし!!(主:管理人)

 

 

 

 

白虎 横顔

キャラ違いである。

 

スポンサーリンク