Pocket

120年以上の歴史をもつ、

水戸の梅まつりへ行ってきました!

 

偕楽園は金沢の兼六園・岡山の後楽園と並ぶ、

日本三名園のひとつです。

 

江戸時代天保13年(1842年)7月、

水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、

領民の休養の場所として開園されました。

 

 

 

 

 

なんと、約100品種3000本もの梅!!

偕楽園の梅は、

実を梅干として非常の時に備えるのがねらいだったそうです。

 

 

 

好文亭からの絶景

 

 

偕楽園の中には、好文亭があります。

 

 

 

 

 

好文亭は、水戸藩第九代藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)の別墅(べっしょ)です。

 

なんと、徳川斉昭自らが設計したそうです。

 

一つ一つの窓からの景色にテーマがあり、

それぞれに物語があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

好文亭からの感動的な絶景!

 

梅の香りも風にのって、届きます!

 

 

 

いけ花の展示も見事でした!!

 

 

 

 

 

◎開館時間

午前9時から午後5時まで(2/20~9/20)
午前9時から午後4時30分まで(10/1~2/19)

 

 

◎入園料(団体料金)

大人 200円(150円)

子供 100円(80円)

 

 

 

茶の湯としても供されていた!?パワースポット・吐玉泉

 

 

偕楽園の魅力は、梅ばかりではありません。

このあたりは昔から湧水の多く、

徳川斉昭は偕楽園造成に当たり地形の高度差を利用して集水し、

白色の井筒を据えた湧水泉を設置しました。

 

この水は眼病に効くといわれ、

好文亭の茶室何陋庵の茶の湯にも供されていたそうです。

 

神秘的な湧き水!

めぐみの水。

 

こんなお水で、お茶を点てたら、

美味しいだろうなぁ・・・!

 

 

次郎杉・太郎杉も、

ずっと人々の暮らし見守ってきたのでしょう。

 

 

 

昭和29年の台風で倒れてしまいました・・・。

 

 

 

思わず声を上げそうになるほど、立派な太郎杉。

 

次郎杉との別れは、さぞかし辛かったでしょう。

(脳内擬人化必須)

 

 

 

 

 

そして、澄み渡る竹林。

都会の日常生活では、なかなか味わえない静寂。

精神統一されます。

 

 

 

 

 

刀剣乱舞 花丸遊印録 ~梅の花舞う水戸の陣~情報!!

 

 

 

そして、水戸といえば

刀剣乱舞 花丸遊印録 第二弾!!

 

 

賞品はなんと描き下ろしのクリアファイル!

 

『刀剣乱舞こちらです~!』

案内されちゃったっ・・・///

それにしても燭台切光忠さん、各所で営業力半端ないw

 

白虎 ビジネス

腐り方も半端ない。

 

 

 

多大な時間を要する故、

レアキャラはなかなかドロしないのである・・・。

 

 

 

 

スポンサーリンク