Pocket

幼い頃、大河ドラマの影響で、

「尼さんになるには、どうしたらいいの?」

と、親泣かせな子供でした。

 

煩悩を断つ』のです…。

 

煩悩の根源(人間の諸悪の根源)は、

 

貪欲(とんよく)
瞋恚(しんに・しんい)
愚痴(ぐち)

 

の3つとされ、三毒(さんどく)と呼ばれていて、自己中心の考えや、それにもとづく事物への執着から生じているそうです。

 

 

鎌倉仏教と言われるくらい、お寺が多い鎌倉。

 

 

なぜお寺が多い?鎌倉

 

 

まるで、修学旅行のテーマのようですが・・・・!

 

鎌倉時代より前、お寺は知識階級や権力者が利用していました。寺院を建造するには、莫大な資金が必要で、当時の鎌倉は権力者が多かったため、寺院の数も増えていきました。

 

そして、僧侶たちが、庶民のものとして布教するように広めていったということです。

鎌倉時代、北条家の菩提寺があったことが、大きく影響します。

 

鎌倉五山は、

北条時頼の建長寺(けんちょうじ)

北条時宗の円覚寺(えんがくじ)

源頼朝の夫人北条政子の寿福寺(じゅふくじ)

北条宗政の浄智寺(じょうちじ)

足利吉兼の浄妙寺(じょうみょうじ)

の五つです。

 

 

鎌倉五山は、現在の公務員を管理するような組織で、各寺の人事権は幕府が握っていたようです。

 

戦が絶えないご時世の中、武士や庶民の心の安寧を保つ為にも、寺が必要だったというわけです。

 

最近、鎌倉へよく行きます。

実は、観光はあまりした事がなかったので、

ゆっくり散歩をしてみました。

 

 

江ノ電で、鎌倉~藤沢。

 

 

 

 

 

大好きな場所。鶴岡八幡宮。

 

 

早咲きの梅が満開。

 

 

 

 

 

鎌倉茶々さんの抹茶ジェラード。

 

こんなに美味しい抹茶のアイスは、生まれて初めてです。

ソフトクリームが人気のようです。

あえて、ジェラード。

「あえてね。」

 

 

 

 

鎌倉の大仏様、高徳院

 

 

 

 

 

『腰越』で降りて、とある場所からの景色。

 

 

 

 

まだまだ、見どころ沢山の鎌倉。

今度はじっくり回りたいな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク