Pocket

今日は、桃の節句ですね!

自分用に濃茶を点ててみました!

 

 

※主菓子がなかったので、雛あられで・・・。

 

 

この季節、あちらこちらでお茶会も開かれている事でしょう!

茶道の門を叩き、いざお茶会に招かれてみると、

「お着物はどうすれば!?」

と困ることでしょう!(というか困りますね汗)

 

というわけで、

初心者の着物選びについて調べてみました!

 

 

 

茶道 基本的な着物のきまり

 

 

◎半襟は白

 

◎お太鼓結び

 

◎足袋も白

 

◎帯どめ・帯飾りはNG

 

◎茶道具柄はNG

 

以上のきまりは必ず守った方がよさそうです。

 

 

 

 

お茶会別向いている着物

 

それでは、お茶会別にどのよう着物が向いているのでしょう?

 

 

茶事・利休忌

 

色留袖・訪問着・紋入りの色無地

 

格式の高い茶会では、主に紋付きの着物になります。

 

利休忌:3月に行なわれる祖始の遠忌であり、利休居士の徳を偲ぶお茶会です。

 

控えめな地色の紋付きの色無地で、厳粛な気持ちを表します。

色数を少なく同系統などでまとめ、帯や小物なども控えめな色柄のものを選びます。
また、追善茶会や偲ぶ会などでは、吉祥文様や赤系の色味を避けます。

 

 

 

 

野点・立礼・稽古茶事

 

色無地・江戸小紋・小紋

気軽な装いで大丈夫です。

しかしながら、亭主のもてなしの邪魔にならないように、主張しすぎないようにします。

 

 

 

 

 

 

着物の種類と合う帯

 

格式順に着物の種類をまとめてみました。

 

色留袖

 

袋帯

 

 

 

 

結婚式などのお祝いの場で着られる、お馴染みの留袖。

色留袖は、茶会の席でも着用することが出来ます。

基本的に紋が付いているものになります。

 

訪問着

 

 

 

色留袖と似ていますが、肩と袂(たもと)に注目です。

 

袋帯

 

胸元や肩・袖・裾に絵柄が描かれています。

着物を広げたときに、絵柄が一枚の屏風の様につながっていることを絵羽模様(えばもよう)といいます。

品のある色味で古典柄がベスト。

 

 

 

 

 

付下げ

 

 

※赤はNGです!

 

袋帯

 

訪問着と少し似ていますが、袖や裾の部分に絵柄が入っています。

絵羽模様になっておらず、やはり茶席では一つ紋を入れ、古典柄を選びます。

 

 

 

色無地

 

 

※派手なピンクもNG!

 

袋帯

名古屋帯

 

色無地は、地紋(じもん)はあり、柄のない一色染めの着物です。

茶会に最もむいているようです。

一つ紋をいれることによって、略礼装として着ることが出来ます。

※地紋:織り方や糸使いによって織り出された模様のこと。

 

 

 

江戸小紋

 

よ~く見ると小さな模様が!

これには、江戸時代の大人の事情がありますが、ここでは割愛します!

 

袋帯

名古屋帯

 

非常に小さな柄が型染めされ、遠目では無地に見えます。

江戸時代に、武士の裃(かみしも)が発祥であり

やはり一つ紋を入れると、格式の高い扱いとなります。

※裃:江戸時代の武士の公服、庶民の礼服として用いられたもの。

 

 

小紋

 

 

 

 

名古屋帯(織)

小紋は、全体的に柄が付いています。

 

 

 

 

※画像はお借りしています。

派手な色使いの着物はNG!

 

 

 

初心者が始めにそろえるべき着物は!?

 

 

 

いろいろ検証してみましたが、

初心者が最初にそろえるべき着物は、

 

 

小紋・江戸小紋(袷)× 名古屋帯

※袷(あわせ):10月~5月まで着れるお着物です。

決定です!!🎊

 

 

ここからは、かなり個人主観が入ります!

 

お茶会の時は、格式の高い着物は亭主側が着用します。

なので、お客としての参加が予想されるので、

はじめから色留袖や訪問着は着用する機会が少ないようです。

管理が大変ですからね・・・

 

小紋を選ぶ際は、帯も同様、

季節を問わず、控え目な柄が向いています。

 

そして、

先生のお手伝いなど、

慣れてきて、お茶会に参加することが多くなってきたら、

 

色無地(袷)× 袋帯

 

の組み合わせが必要になります。

 

色無地(一つ紋つき)は、必要なシーンが多く、

一着持っていると使えます。

 

 

お稽古用の着物は、

 

洗える着物の小紋 × 名古屋帯(金・銀糸なし)

 

お稽古では、水屋の片付けもあるので、

濡れても平気・汚れても平気な ものが気が楽です。

 

ウール・綿などは、単衣に仕立てて一年中着用できるそうです。

 

 

 

初めてそろえる茶会の着物。

最低限のポイントを押さえて、どんどんお着物で参加してみたいものですね!

 

スポンサーリンク