Pocket

お稽古をしていると、今更聞けない問題に直面します・・・。

 

茶巾のたたみ方ひとつにも、決まりがあります!

いまさら聞けないシリーズ。

今回は、『茶巾のたたみ方』です。

 

 

 

 

まずは茶巾をしぼってみましょう!茶巾のしぼり方

 

 

 

茶巾は、茶碗を清めるときに使います。

『割稽古』の一つですね。

準備の段階では、固くしぼり、水気を残さないのが基本です。

固くしぼりきれないときは、タオルなどで水気を押さえます。

 

①茶巾はあらかじめ盥(たらい)の水で洗って、

水を汲みかえておきます。

 

 

②茶巾を広げ、右下・左下で対角線の端を持ち、

手前で折ります。

 

おっと、シワだらけ・・・(涙)

 

 

 

茶巾を張りながら、きちんとシワを伸ばしてからこの形にしましょう・・・!

 

 

③手て持った茶巾の端と端を合わせ、二つ折りにします。

 

 

 

 

 

④茶巾を茶巾盥の水に浸し、二つに折った茶巾の端を、盥の縁にかけます。

 

 

⑤右手でかけて置いた茶巾の端の方を持ち、茶巾の端を少しだけ出して、向こう側にさらに二つ折りにします。

 

 

⑥茶巾を盥の上でねじるようにしぼります。

 

 

⑦二つの茶巾の端両手でもち、左右に広げます。

 

 

 

 

ウサギちゃんの耳をつまむイメージ・・・。

 

 

白虎白黒

しぼり方まで決まりがあるだなんて、我、帝国のようだな。

 

茶道って、合理的ですね・・・!

 

 

『ふくだめ』が肝心!茶巾のたたみ方

 

 

では、茶巾のたたみ方です。

茶巾をたたむ時のポイントとして、

『ふくだめ』がとても大切です。

 

 

『ふくだめ』とは?

 

「福を溜める」という意味から、呼ばれるようになりました。

福があるという意味なので、潰さないように注意ですね!

 

 

①縫い目が点前に来るように、長方形に広げます。

からげ縫いしている方が前になるように!

 

 

 

 

②茶巾の1/3を向こう側におります。

 

 

 

 

 

③さらに、三つ折りします。(内側に縫い目)

右手を上にして縦に持ちます。

 

 

④左手の親指を内側に挟み、二つに折りながら横にします。

 

 

 

 

⑤親指を挟んだまま、さらに向こう側に二つ折りにします。

 

 

 

 

⑥親指ではない方の側1/3ほど折り、親指で作った『ふくだめ』を崩さないように、抜きます。

 

⑦茶碗に仕組みます。

『ふくだめ』を手前に、中心よりやや奥に置きます。

その上に茶筅、茶杓を置きます。

茶筅の結び目が前にくるようにします。

 

 

 

 

 

 

水屋の必須アイテム!!水屋七拭(みずやななぬぐい)

 

 

 

茶道具はもちろん、水屋かざりは濡らす事を嫌います。

特に、竹製の茶杓には水気は厳禁ですね!水屋棚の通し棚や

その為、水屋には布巾、手拭などが多く用意されています。

 

白虎白黒

清浄は茶巾

帛紗(ふくさ)に手と手巾(しゅきん)

布巾(ふきん)雑巾(ぞうきん)

 

お!水屋七拭の歌ですね!

水屋七拭(みずやななぬぐい)とは、

茶巾・帛紗・手・手巾・水屋手拭・布巾・雑巾の事をさしています。

 

 

いまさら聞けないシリーズ、

まだまだ続きそうですね・・・!

 

 

ちょこん。

 

 

 

スポンサーリンク