Pocket

裏千家・薄茶の棚点前でも拝見があり、御銘を考えておかなければという事で、1月も半ばを過ぎましたが、主な御銘をまとめてみました。

 

初春(はつはる)や若水(わかみず)、松の内(まつのうち)は、元旦などに使われることが多いようです。

というわけで、1月の半ば過ぎに使えそうなものを…。

 

 

大寒(だいかん)

二十四節気のひとつで、1月22、23日頃です。

 

瑞雲(ずいうん)

艦コレではありません。

仏教由来、めでたい兆しとして出現する、紫色や五色の珍しい雲です。

 

 

松風(まつかぜ)

茶の湯の釜が煮え立つ音の事で、松に吹く風です。

 

彩雲(さいうん)

太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象です。

 

初音(はつね)

ミクではありません。

ウグイスやホトトギスがその年、初めて鳴くことを言います。

沖縄、九州でも2月頃のようですが、先取りで、一足早く使われるようですね。

 

福寿草(ふくじゅそう)

旧暦のお正月(2月)などに飾られていた花です。咲き始める一月後半頃から使えそうですね。

「難を転じて福となす」意味で、とても縁起が良い花です。

 

 

最近、ニャリニャリしている白虎です。

 

 

 

 

スポンサーリンク