Pocket

今年初めての初心者のための茶道教室。

2週間空いてしまったので、不安が…!!

今回は、薄茶の棚点前の復習です。

 

 

初めて拝見した、赤の掛物!

『寿』が見事です。

 

矢筈板につるくび。

真の装いです。

 

 

 

そして。

何やら初めて目にするものが…?

 

 

 

 

 

そうです。

『ぶりぶり香合』です。

 

ブリブリザエモン?

 

なんだか、不思議な名前です。

 

諸説あるそうですが、

 

(1)教育玩具の1つとして、農耕道具を模して子供のオモチャにした。
(2)宮中で大人が遊ぶゲームを模して子供のオモチャにした。

 

どちらにしても、おもちゃが由来しています。

 

 

この中には、練香が入っていました。

『炉』の季節になると、炭手前(すみでまえ)という炉風炉に炭をつぐお手前があります。

炭をつぐ際、練香を焚き染めるそうです。

風炉の場合は、香木などが使われます。

 

まさに、五感で『おもてなし』をするイメージです。

ますます、茶道の奥深さを感じます。

 

お香についても、いずれ触れていきたいと思います。

 

 

二週間がたち、取り戻すが大変ですが・・・。

精進して参りたいと思います!!

 

 

スポンサーリンク