Pocket

薄茶の運び点前、続きます。

今回は、『棗・茶杓の拝見』を含めた、通し稽古です。

 

 

 

 

裏千家 棗・茶杓を拝見

 

 

 

薄茶の運び点前の『中じまい』までは、一緒です。

水指の蓋をするまでで点前は終わりますが、そのあとにの流れです。

 

 

①客から、『お棗、お茶杓拝見を」の挨拶を受ける。

②柄杓を右手で取る、左手で持ち替え、建水の上でふせて置く。

③蓋置を右手でつかむように取り、左手で箸置きの脇を持つように持ち替え、建水のうしろに置く。(一文字に)

④茶碗、右一手(右4時→左掌→右3時)で勝手付きに割り付け、

⑤棗を取り左手にのせ、客付きに回る。(右に身体をずらす)

⑥棗を膝前に置き、帛紗を捌いて清め、帛紗を握りこんだまま蓋裏をしらべ、蓋を膝前に置き、棗の口を向こう、手前と帛紗で清める。

⑦帛紗を握りこみ蓋を閉め、帛紗を膝前に置き、棗の正面を正し(時計回りに回す)右手で出す。

⑧帛紗を腰につけ、居前に回り(正面にむく)、

⑨右手で茶杓を取り、左手に持たせ、客付きに回り、右手で(右手首を左の茶杓を持つ手にかぶせるような形にする)棗の右に縦に置く。「01」〔1が茶杓で0が棗〕

⑩正面に戻る。

⑪柄杓を左手で取り右手に持たせ、(横にし、節あたりに右手をかぶせる)左手で蓋置を取り右手の親指、人差指、中指の三本で持ち、一膝勝手付きに向き、建水を持ち、左から建水まわりで下がる。

⑫客は建水が引かれると棗、茶杓(一つずつ、下げ帰る)と出された順序に引く。「01」

⑬茶碗を右手で取り、左掌にのせ、さがる。

⑭水指を引き、襖を閉め、拝見の返るのを水屋で待つ。

⑮正客は棗・茶杓と縁内に入れ、亭主が水屋に入ってから次礼する。棗、茶杓の順に縁内で拝見をする。(細部を拝見する時は、両ひじを膝の上にのせ拝見する[蓋などを開けて見る])終わると出会いで返し、出された反対に返す。

⑯亭主は茶道口(水屋の入口)にいったん坐り席中をうかがい、道具正面(客に対し正面)に坐り、

「棗のお形は?」

「お塗りは?」

「茶杓のお作は?」

「ご名は?」などの問いに答える。

「いずれもありがとうございました。」挨拶する。

⑰おじぎの後すぐに左手を膝に、右手は棗を取り左掌にのせて、右手で茶杓を取る。

⑱持ってさがり、茶道口に坐り棗を身体近くに置き、茶杓を建付に置き「10」一礼して襖を閉める。

(近いほうの手で、襖の縁を逆手に持ち、半分まで引き、反対の手で縁を持って、その手が柱にあたる位まで引きつけ、残りは同じ手を引き手にかけて閉める。)

 

 

 

 

 

今回の床を拝見

 

 

またまた・・・。

今回のお花は、紅葉がテーマでした。

2本、紅葉が重なってはいけないとの事で(おそらく奇数にしなくてはいけない?)、かわいい紅葉の和菓子も添えられていました。

もみじのお菓子って、なんてかわいいのでしょう♪

写っていないのが残念・・・!

 

 

 

スポンサーリンク