Pocket

薄茶の運び点前では、棗・茶杓の拝見という場面があります。

棗が何かがわかっていないと、亭主としても客としてもお話にならないということで、棗のことをまとめてみました!

 

 

 

裏千家 棗の形の種類

 

 

なつめは果樹から、由来しています。形が似ているという理由で、棗と呼ばれるようになりました。

抹茶を入れる道具です。基本は木製です。

大きさの違いから、大棗・中棗・小棗・平棗に分かれます。

裏千家の薄茶点前では、客が亭主に『棗は?』と形を伺います。

 

 

真中次(しんなかつぎ)

円筒形で胴の中央部に合口がある。

真中次は、仕服をかけると濃茶にも用いることが出来ます。

 

 

面中次(めんなかつぎ)

真中次の蓋を、面取りしたもの。

 

 

茶桶(ちゃおけ)

面中次の蓋を浅くしたもの。

 

 

雪吹(ふぶき)

 

茶桶の身の裾も面取りしたもの。

※雪吹は、天と地が分からないほどの吹雪を意味しますが、文字を「吹雪」ではなく、「雪吹」と逆に書くのは、天と地が分からないという遊び心からです。

 

 

 

 

裏千家 棗の塗りの種類

 

 

 

また、塗りも種類があります。

裏千家の薄茶点前では、『塗は?』と客が亭主に伺います。

 

黒塗(くろぬり)

 

黒漆を使い、黒く仕上げた漆器のことをいい、全て黒く仕上げたものを『真塗(しんぬり)』といいます。

※黒漆とは、生漆(きうるし)に鉄分を加え化学反応を起こさせ、漆を黒くしたもの。

格式が一番高いものになります。

 

 

溜塗(ためぬり)

 

下地に朱色を塗っておき、その上に透き漆と呼ばれる半透明の漆を塗って仕上げたもの。

溜塗の醍醐味は、時の経過と共に、赤色が増す変化を楽しむことが出来ることです。

 

 

 

一閑張(いっかんばり)

 

中国の『飛来一閑(ひきいっかん)』が考案し、木型に和紙を張り合わせ、十分に乾燥させ形が整った後に型を抜き取り、漆や渋柿を塗り完成させたもの。

 

 

蒔絵(まきえ)

漆の装飾方法の一種で、漆で絵付けや色付けをした後に、金属の粉を蒔いていく技法を蒔絵といいます。

よく見るタイプです。

 

 

 

プラスチックの蒔絵といったところでしょうか?(汗)

 

 

 

 

スポンサーリンク