Pocket

薄茶の運び点前、続きます。

 

 

 

裏千家 柄杓の扱い方

 

 

薄茶の運び点前で、押さえるポイントは、なんといっても柄杓の扱い方でしょうか?

裏千家は「置き柄杓」「切り柄杓」「引き柄杓」と、三種類の柄杓の扱い方があります。

 

竹の柄杓は、鎌倉時代弓師に作ってもらったところから、柄杓の扱いに弓の作法が入るそうです。単なる湯を汲むものと思っていたら、とんでもないですね。本当にすべての事に意味があることを実感します。

 

 

置き柄杓

 

「置き」はお湯を汲み切り、茶筅通しの時の扱い方です。

置き柄杓は、弓を矢につがえる形と言われています。

湯を汲んだ後、釜の口に置く際の扱い。柄杓の中節のところを親指と人差し指で挟み、押さえて置きます。

 

 

 

切り柄杓

 

 

弓を放った瞬間の形と言われています。

 

抹茶を点てる際、茶碗に抹茶を入れ、湯を半杓入れた後、残りを釜に戻し柄杓を置く際に行う扱い。

釜の口に合を上向きに平行になるようにおき、親指と人差し指の付け根に柄を預け、親指以外の4本の指を揃えて、手の平を向こうに見せつけるように開きます。

 

 

引き柄杓

 

弓をひいて、満月に張った時の形です。

水を釜や茶碗に入れ、風炉に置く際にする扱い。しまいの茶筅通しのときの扱い方です。

5本指をまっすぐに揃えた形で柄の切り止めまで引いていき、最後は親指を人差し指につけ丸い指の形で置く。

これがなかなか難しい・・・。指がつりそうになります・・・。

 

 

 

鏡柄杓

 

扱い方というよりは、構え方になります。

柄杓を持って構えた形です。

柄杓を立て、顔を柄鏡に映すように正面に構える。これから一碗のお茶を点てるべく自分の「心」と身体の「構え」を整えるという意味で鏡柄杓をします。

 

 

 

 

裏千家 柄杓の種類

 

裏千家の柄杓の種類は、炉用の柄杓、風炉用の柄杓、炉と風炉兼用の柄杓と、大きく分けて3つほどあります。

 

炉用は合が大きく、切り止めが表の竹の皮の方(皮切り)で切られています。

炉の季節、柄杓を釜に引く時は合を釜に伏せて置くので、切り口がみえないように表で切られています。

 

風炉は炉用に比べてると、やや小さめです。

風炉は暑い時期に多く、釜も小さめのため、合わせて作られています。

柄杓は合をそのままの向きで 釜に引くので、切り止めの切り口は炉用とは逆で、柄杓の裏側になっているのですね。身切りといいます。

 

 

覚え方として、百人一首の歌を用いると覚えやすいというのがあります。
百人一首の

風そよぐ ならの小川の 夕暮れは
みそぎぞ夏の しるしなりける

涼しい風が吹く(京都の)神明川の夕暮れ時は、禊をする人の姿だけが夏の証である

この下の句の、「みそぎぞなつの しるしなりける」のみそぎを「身削ぎ」、つまり身の方を削ぎ落している風炉用の柄杓という意味と掛けて、「みそぎぞなつの しるしなりける」の意味を「(柄杓の)身を削ぎ落しているものは、夏(に使用する柄杓)のしるしである」と覚えると忘れにくい・・・そんな覚え方もあるようですね。

 

 

 

 

今回の床を拝見

 

 

 

急いでいたので、ブレッブレ・・・。

 

 

 

スポンサーリンク