Pocket

前回は、ふるまい編。

今回は、お作法編です。

いよいよ、お作法についてふれていくわけですけれど、一回でも覚える事が多く、早くも怖気づいてしまう様でした・・・。

 

 

※ 超初心者なので自信はありません・・・!あくまでも、メモ書きです。

詳しくは、各教室の先生に確認してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

懐中するもの・お道具

 

 

お道具の説明は、以前の記事でふれたので、割愛します。

 

常に懐中するものは、

 

扇子

帛紗

懐紙

 

で、折り方や向きが決まっています。

 

 

 

 

 

裏千家 扇子について

 

 

 

茶々丸大喜利

そういえば、着物を着ているときは常に扇子を持ち歩いているな。

 

 

 

そうなのです!

 

扇子は、礼儀の上でとても重要な役割をはたしています。

敬意を示すべき人との間に線を引き、自分がへりくだるための『結界』としての意味をもつそうです。

 

 

 

 

 

『結界』とは、仏教用語で、一般的には神社仏閣における聖なる場所と、俗なる場所とを分ける境目のことを挿します。茶道では、茶室で客畳と道具畳の境界を示す置物の事をさします。

その置物の一つが扇子です。

 

 

挨拶をする際は、膝前に置きお辞儀します。

茶席では、亭主は帛紗をつけるので、扇子ははずします。客は、席入り後、自分の座を示すしるしに扇子を自分の後ろに置きます。この場合は、正客と次客以下の連客は、扇の向きを変え、正客への敬意を表します。

 

 

 

 

裏千家 襖の開閉

 

 

 

なんと、襖の開閉にも決まりがあります。

襖に近い方の手を引き手にかけて、手が入る程度に襖を開けます。

その手を襖の枠の下から24cmほどのところにかけ、体の中央まで開けます。

次に反対の手で残りを開けます。このとき、全部開けきらず閉めるときに建付け分(2~3cmくらい?)だけ少し残します。

三段階の動作で行います。

 

 

 

 

裏千家 席入りの仕方

 

 

 

①茶席の入り口に、扇子の要が右を向くように膝前に扇子を置いて座ります。

そして、先ほどの襖の開閉のとおりに、襖を開きます。

 

②茶席の内側をひととおり見て、前の人の位置や、自分が向かう方向について確認します。

 

③扇子を膝の前から前へ進め、座ったままにじって入ります。

にじるとは、両手握りこぶしを畳につけ支え、正座の姿勢で膝を浮かせながら前に進むイメージです。

 

④最後に席入りし、襖を閉める場合は、開けたときの動作の逆で、近い方の手で襖を引き寄せ、手をかえて残りを閉め、最後は引手に手をかけて閉めきります。

⑤茶室の中に先客がいるときには、その方へ膝を向け、扇子を前にしてお辞儀をします。扇子を持って跪座の姿勢で右足を少し前に出し立ち上がります。

畳のへりを踏まないように席につきます。

 

⑥座る位置は、畳縁から八寸(畳目で十六目分)下がったところに座ります。

 

 

文章だと、わかりにくいですね・・・泣

次回は、帛紗さばきなどの割り稽古、足の運び方についても、触れていきたいと思います。

(まだまだ、習ったことがあるのです・・・!)

 

 

 

茶々丸つれづれ

 

 

 

出陣か。

あい、わかった。

 

 

スポンサーリンク